小林 祐子さん

―修了コース―

・Awakening Aromatherapy Course <Basic Class>
・Holistic Aromatherapist Course <Advance Class>

 

 

 

 


 

―アロマセラピーを学ぼうと思ったきっかけを教えてください。

この質問に対し、色々な答えが思いつきましたが…突き詰めて考えていくと、自分が弱いと思ったからだったのかもしれないと思いました。
何気ないきっかけで漠然とアロマという存在を知り、何となく興味を持ち、アロマトリートメントを受けに行くのが好きで少しずつアロマの魅力を感じるようになりました。それと同時に、アロマに助けられていたのかもしれません。いつしか、それが、自分の誰かの助けになりたいと思うようになりました。
ただ、その時でさえ、それがまた自分の支えになっていたかもしれないですね。
今でもそうかもしれません(笑)なので、きっとこれからも学び続けて行くと思います。
アロマはいつも色んな自分に気づかせてくれる存在です。
それをまた誰かに伝えていけたら良いなと思っています。

―当スクールを選んだ理由を教えてください。

サロン開業後、自分なりにお客様に向き合ってきましたが、どの精油をどんな風にお客様に進めたら良いのか悩んでしまい、もう一度アロマについて学び直したいと思うようになりました。そんな時、本屋さんで手にとった本がケイ先生の「奇跡のアロマ」でした。パラパラとページをめくると、「あれ?こんな話を聞いたことがあるな」「前にもこういう感じで習った気がするな」と思い、著者を見てみると、私が最初に受けたアロマの講座の講師の先生の名前でした。その時の講座の内容が忘れられず、ずっと気になっていた先生だったので、これはもう運命だと感じ、迷わずにケイ先生のスクールを受講することに決めました。

 

―アロマセラピストとして、大切にしているモットーはなんですか?

「人に触れる」という事です。人はとても敏感で繊細な存在だと思っています。その肌に直接触れるという行為は自分にもクライアントさんにとっても、とても深い意味のある事だと思い触れています。簡単、祖末に、軽視してその行為を行ってはいけないという自分なりの責任と覚悟を持った想いで、その行為自体を重んじ、大事に、大切に触れるようにしています。

―これからアロマセラピーを学ぶ人達へ、メッセージをお願いします!

沢山、アロマの事を知ってもらいたいと思います。きっと、知れば知る程、楽しくなると思いますし、もっと好きになっていくと思います。それは、アロマの本当の魅力を知ることになるからです。アロマバスやアロマディフューザーなど自宅でのアロマセラピーや、サロンなどでのアロマトリートメント等、色々な形でアロマに触れて頂きたいなと思います。

 


 ―サロン紹介―

Bearhand (ベアハンド) 

東京都渋谷区松濤1-28-6 VORT松濤レジデンス601

サロンURL http://bearhand.jp

 

 

身体や心の[不調]は本当の自分からのサイン=つまりSOSです。
心のサインが身体に出る事もあれば、身体のサインが心に出る事もあります。

当サロンでは、表出されている症状を緩和するだけでなく、その不調の原因となるところが何なのかを見つめ、根本的な改善を目指していきます。しかし、それはセラピストではなく、施術を受ける本人が気づき、自分で自分を本来の状態に持っていくものです。

当サロンでは、国家資格保有のセラピストが、カウンセリングやアロマの自然療法を用いて、柔らかく暖かい手で行うトリートメントのタッチケアにより、より自然な状態の自分へと戻っていくサポートをしていきます。